• 縮小
  • 標準
  • 拡大

PROJECTS

実績紹介

金沢港クルーズターミナル
100604_02.jpg 100604_03.jpg 100604_04.jpg 100604_05.jpg 100604_06.jpg 100604_07.jpg

金沢港クルーズターミナル

竣  工
2020年2月
用  途
事務所、店舗、飲食店、展示場、スポーツ練習場
所  在
石川県金沢市無量寺町
規  模
鉄骨造3階建て
受  賞
第33回いしかわ広告景観賞 金沢市長賞

設計主旨

金沢港機能強化整備の一環として、既存の金沢みなと会館が税関・出入国管理・検疫手続きを行うCIQや待合施設として十分なスペースを有していないこと、老朽化していることを踏まえ、新たに「金沢港クルーズターミナル」が建設されることになりました。

クルーズターミナルは送迎デッキを含むと約10,000㎡、鉄骨造3階建ての施設です。
1階はクルーズ船の二隻同時接岸4,000人に対応できる1,300㎡のCIQエリアや待合スペースを整備、またクルーズ船利用のない時期でも様々なイベントに対応できる空間づくりを行っています。
2階は幅10m×高さ2.4mの大判ガラスが連なるセミナールームやレストラン、大屋根のかかった3,000㎡の送迎デッキなどダイナミックな眺望空間を多数設け、クルーズ船利用客だけではなく一般の人にも港の眺望を様々なシーンで存分に堪能できる計画としています。セミナールームは学習スペースや展示スペースを設け金沢港を直に体験しながら学べる場としています。
3階は金沢港に関わる事務所を集約し機能強化を図っています。

外観は、日本海の白波をイメージした波型の大屋根、クルーズ船や人々を迎え入れ海から陸へとつなぐ明るく開放的なガラスファサードとしています。また、内外ともに波のゆらぎや船が出航する際の風にゆれるテープ、伝統工芸である水引などをデザインモチーフとし、石川らしさや日本らしさを感じられる空間、石川県の文化と外国文化をつなげる海の玄関口としてふさわしいかつ現代的なデザインとしています。