• 縮小
  • 標準
  • 拡大

PROJECTS

進行中プロジェクト

津幡町住吉公園温水プール
100680_02.jpg 100680_03.jpg 100680_04.jpg 100680_05.jpg 100680_06.jpg 100680_07.jpg

津幡町住吉公園温水プール

コンセプト

津幡町住吉公園内に設ける屋内プールの計画です。
計画地は、津幡バイパス沿い、津幡川に面する好立地であるとともに、上空には特別高圧線、埋蔵文化財の未調査範囲、県送水管埋設部など、様々な諸条件があります。

諸条件を整理しつつ、計画地の特徴を最大限活用できるように、建物を川沿いに寄せて、公園に対して円弧状に配置し、地域に開かれ、親しみやすい形状とします。また、公園の中央部に、大きな庇を設け、町民が集える「みんなの広場」として整備します。
「みんなの広場」はランニング・ウォーキングのスタート・ゴール地点やウォーミングアップ・ストレッチを行える場、ソフトボール場、こども広場と連携した休憩場所等、誰もが気軽に訪れ、利用できる公園全体の「核・コア」となるように位置づけます。

施設全体を穏やかな曲線屋根で覆い、津幡川の穏やかな川の流れと呼応し、落ち着きがありつつも、スポーツ施設しての躍動感を演出します。円弧状に切り取ることで、公園の各所、津幡川側、津幡バイパス等、それぞれの視点から、異なる表情を見せる建築とし、地域の新しいランドマークとなるように配慮します。

1階にコミュニティゾーン、管理・ロッカー・浴室ゾーン、プールゾーンを配置し、2階にフィットネスゾーンのみを配置するわかりやすいゾーニング計画とします。
コミュニティゾーンのエントランスホール、イベントスペースは軒下空間である「みんなの広場」と連携できる配置とし、各種イベントに対応できるよう配慮します。

一般利用者と学校利用・プールスクール利用者が混在せず、各々が利用しやすいように、動線。更衣室を分けた計画とします。また、一般利用者の男女それぞれの更衣室内に専用の階段を設け、2階フィットネス、スタジオに直接アクセスできる計画とします。

プールゾーンは、津幡川に面して配置し、メインプール、多目的プール、幼児プール、スパプールを整備します。多目的プールにはスロープを設置し、誰もが利用しやすいプールとします。

町民の誰もが生涯スポーツと健康づくりに活用でき、快適で身近な温水プールとなることを目指します。